image

アフィリエイト野郎

 

アフィリエイト野郎というサイトをご存じだろうか?正統派のアフィリエイトブログで他の商材を売るためだけのブログサイトとは少し違う。内容がとてつもなく参考になり、モチベーションが下がった時に同じ記事をいつも読み返している。ロングテールSEOを実践しようと決めたのもアフィリエイト野郎の影響が大きい。ロングテールSEOは、初心者にとってはとてもはじめやすく、それほどハードルは高くない。ただ、成果が出るまでの時間がかかるのと、作業時間が半端ないことだ。

 

パシさんのブログサイトを観ればわかるが、どの制作サイトも始めた月に大量の記事制作数があるその数1サイト150を軽く超えている。おそらく1日10記事程度の制作作業だと思う。気合いが入っている時期に1日20記事を更新していたという記事があったのは驚きだ!作業時間16時間と明記されていたので、朝から晩まで記事制作をしていたのだろう。これこそが、ブログで飯を食う人間の生き様だと私は思うのだ。

 

もともとSEO関連の仕事をしていたので、私みたいなド素人とは、少し違うがやることは皆同じ!内容のある記事をとにかく書くことだ!この1点のみと言ってもおかしくない。しかし、われわれは喜怒哀楽のある生身の人間なので、モチベーションの維持がとても苦手な生き物である。このモチベーションをどううまく処理していけばいいのか接点になるのだ。

 

パシさんいわく、たとえグーグルからペナルティーを受けてPV(収入)が下がってもあたふたせず、モチベーションを下げずに作業を続けられた、という記事があった。ふつうなら慌てふためいてバタバタするだろう。このことから、パシさんは記事制作(作業)をおこなう行為は、ルーティーン化していて、例えて言うならば息をしているのと同じぐらいの自然体の思考をお持ちなのだろう。

 

最近は、モチベーションが上がらず、作業効率が悪いと言っているがその理由の1つに収入という目標がある程度達成しており、次なる目標というものを模索しているのかもしれない。パシさんいわくアフィリエイトで月50万の壁を超えると、稼ぐという目的のモチベーションが下がるという。特に月100万を達成したとなるとなおさらでしょう。私も早く、このような思考になるように近づきたいものだ。