スクリーンショット 2013 10 15 23 01 29

検索エンジンはインターネットでなくてはならないサービスである。SEOを知るためには、まず検索エンジンの仕組みを知る必要がある。

なぜ人は検索エンジンの検索結果を上から順にクリックするのか?

Googleやyahoo!検索を使って調べものをする時、一発目に出た検索結果を特に気にもせず一番上からクリックする。理由は、Googleやyahoo!がおすすめする記事なら信用できるからと答えるだろう。

逆に検索キーワードで上位表示が自在にできるようになれば取りたい仕事が相手からやってくるようになります。こちらから営業することなく集客できるという訳です。

検索エンジンは情報集めになくてはならない存在

検索サービスは、今や常識となり知らない人はいないと言えるほど社会に浸透しました。文字を入力すれば関連する情報を順位を付けてくれるサービスで、知りたい情報を情報提供者を結びつける膨大なマッチングサイトなのです。

ソーシャルサービスのFacebook、Twitterを始めとするメディアの出現で友人の口コミで情報を得る人が増えましたが、検索ユーザーは相変わらず利用されています。それはなぜでしょうか?

答えは、ユーザーが調べ物をしたいときに手っ取り早く手に取って調べることができるからです。それが「検索サービス」なのです。友人に相談する前に簡単に検索で調べられるので相談する前に検索をかける。インターネット上での情報収集の主役であることは今後も変わらないでしょう。

さらいに今の時代は、スマートフォンの普及に伴いパソコンを使わないユーザーまでもが手軽に検索側にやってきたのです。しかも今までは机の上のパソコンでしか検索しなかったユーザーがスマートフォンやタブレットでも検索するようになり、検索サービスのニーズは増えています。

日本では、「Googleの検索エンジン」が主流

2010年からyahoo!JAPANは、検索結果にGoogleの検索エンジンのシステムを採用しました。これで90%以上のシェアでGoogle検索エンジンシステムが使われるようになりました。「Google検索=SEO」ということになります。BingというMicrosoftの検索エンジンもありますがユーザーのシェアは数%と非常に少なくGoogleの検索エンジン対策だけやっておけばよいことになります。

ということで、GoogleとYahoo!の検索順位はほぼ同じということになります。ただ2社とも独自のサービスを展開しており、Yahoo!の場合ですと「Yahoo!ロコ」「Yahoo知恵袋」、Google独自の「Googleプレイス」の各サービスが全体の順位に影響しています。

検索結果を表示するための順位付けはYahoo!検索もGoogle検索も「Google検索エンジン」を使っているけれど、全体の検索結果表示にはそれぞれ独自のサービスも表示されているとと思ってください。

検索エンジンの大前提とはなにか?

このサイトではGoogleの検索エンジンを攻略してSEOを成功させるには様々なSEOのテクニックを紹介していきます。まず始めにSEOを行う上で非常に重要な、検索エンジンの大前提を確認しておこう。

1.「検索エンジンを利用する場合、必ず検索ワード(キーワード)を入力」

検索エンジンを利用する人は、探し出したい情報にふさわしい検索ワードを入力しますが、これはSEOで上位表示させたいサイトがどんなキーワードで検索されるかを検討する際、非常に大事です。

2.「検索エンジンは、入力された検索ワードに対し関連性の高い有益な情報を表示しようとする」

Googleのほかの検索エンジンも同様検索したユーザーの満足度を上げるため、検索順位を重要視しています。検索エンジンの主な収入は、広告収入になるので入力した検索ワードと関係のない検索結果ばかりだと広告主にとって掲載する価値が激減してくるでしょう。

検索エンジンの利用時には必ず検索ワードが入力され、検索エンジンは必ず、その検索ワードにふさわしいユーザーの有力情報を提供してきます。この2点は、SEOを行う際に必ず念頭に置きそこからSEOを考えていかなければいけません。

検索サービスは進化し続ける

検索エンジンが始まった当初は、ディレクトリ型の検索エンジンから始まり、業種のカテゴリにいち早く登録すれば上位表示される状況でした。とにかく早い者勝ちの世界だったのです。

その後、Googleがロボット検索エンジン型を開発しHTMLタグにとにかくキーワードを詰め込めば、狙ったキーワードが検索上位にたっていた時代でした。このように単純なものだったのでSEO業者がスパム的な技をどんどん開発しテクニック重視の検索順位が横行しました。

しかし、Googleは誕生してから10年以上が経過し、このようなスパム的な手法を許さないよう今も進化し続けています。特に2012年、ペンギンアップデートとパンダアップデートにより、いままでとは違う検索サービスが始まり通用していたスパム手法が全く通用しなくなったのです。大手のSEO業者ですら通用しない状況になりサイト管理者が悲鳴あげることになりました。

まとめ

本来、SEOの本質を理解して対策していれば、ペンギンアップデートだろうがパンダアップデート、最近ではハミングアップデートにも対応でき影響は限定的だったでしょう。しっかりと本質をわかっていたサイト管理者は逆に検索順位が上がり勝者と敗者が入れ替わる現象も置き始めています。