スクリーンショット 2013 10 17 1 10 21

SEOの目的は、検索結果でいかに上位に表示してもらうかだが、それ以外にもSEOで得られるメリットがある

実は検索上位表示以外にもSEOには効果がある

SEOの目的は「狙ったサイトを検索結果で1ページ目のできるだけ上位に表示する」こと。基本的なSEOの効果とメリットを考えてみる。それは大きく分けると5つになる。

 

SEOを実施する5つのキーワード

・広告での集客と比べると断然安い

・信用、信頼が得られブランド価値を上げる効果がある

・安定集客が手に入る

・売り上げを上げる。問い合わせを増やすことができる

・Web自動販売機のような感覚で収入を得る

 

SEOの特徴の一つが「Web自動販売機」です。これは、SEOの効果の持続性と集客に広告費用がかからないので継続して集客できるのが大きなポイントになります。その代表的なシステムがメールアドレス登録の「メールマガジン」の組み合わせです。

キーワード1)広告での集客と比べると断然安い

スクリーンショット 2013 10 17 1 25 46

SEOは金銭面からみるととても有利です。GoogleAdWords広告やYhoo!リスティング広告などのWebページに集客するための広告は、一度でも集客に成功すると癖になり辞められなくなってきます。広告集客に集中してしまうと広告出稿を辞められなくなっていきます。

まさに「広告集客の麻薬」状態です。短期的集客を考えるよりも長期的視野でSEOで集客した方が広告を出稿するよりも費用は安くなるのは火を見るように明らかです。

特に広告費用をかけにくい安価な商品を扱ってしまうと広告費倒れになりますのでSEOの効果が出るまでは、広告も併用してお客様を集めていきたいものです。また、最近では検索結果の上部や右サイドバーに表示されている広告は敬遠される傾向にあるとも言われています。目的のページを閲覧する為には広告欄よりも純粋なページを観るのは増えそうです。

業種によっては1クリック1000円もかかる広告にお金をかけられるのは、ごくわずかしかいないのはわかると思います。これがSEOならば、1クリックあたりの単価を100円以下まで下げることができます。しかも。SEO業者に頼むのではなく、自身でSEOを実施すれば自らの力もつきますし人的コストだけでインターネットの集客コストがまかなえるのです。

さらに、検索広告は売れたら広告費を払うのと違い広告がクリックされて初めて費用がかかるので売り上げが上がるかどうかわからないというリスクも抱えています。

キーワード2)信用、信頼が得られブランド価値を上げる効果がある

 

SEOは、自分自身のブランディングに使うこともできます。

検索順位が一番上だと、このサイトの管理者は有名な知識人であり専門サイトであるという錯覚が生じます。Googleも実際、そうであるように検索順位を決めていますので、あながち嘘ではないようです。なので、検索順位が高いサイトは、ブランド力が高いと決めつけても過言ではありません。以前では、スパム的行為のテクニックだけで検索順位をあげられましたが、今は人間がこのサイトの価値を決めるかのように検索エンジンも人間の評価に近い判定をするようになりました。

 

キーワード3)安定集客が手に入る

スクリーンショット 2013 10 17 1 26 45

これ以外にも、SEOのメリットはあります。SEOが成功すると、長期的に順位が安定することが非常い多いです。うまくいけば数年単位で上位表示が安定するも珍しくありません。アフィリエイトを勧めているサイトや情報商材などでは「ほったらかしで毎月◯◯万円の副収入が得られる」などと宣伝しているケースがよくありますが、これはSEOが成功しないとうまくいきません。

SEOが成功するWebサイトにお客様を時動的に24時間四六時中集客し、売り上げることが可能になるからです。つまり、すばらしい営業マンがひたすら売り上げを上げている状態です。

営業マンは新規のお客様を見つける為に営業に出かけますが、Webサイトは自ら営業することはしません。お客様自らWebサイトに訪問するため、営業に出かける必要がないのです。

SEOを実践して実践して成功している人や企業は、一度でも希望するキーワードで上位表示を達成してしまえば、アクセスは増え、その効果も持続していきます。ライバルサイト以上のSEOを維持えきれば、検索結果の表示順位で抜かれることはないのです。

 

キーワード4)売り上げを上げる。問い合わせを増やすことができる

スクリーンショット 2013 10 17 1 26 45

大半会社がホームページを運営する時代になったにも関わらず、インターネット経由での売り上げの上がらない会社が後を絶ちません。会社のホームページを作成した理由に多くが、問い合わせを増やしたり売り上げを増やすことを目的にしてるにも関わらずです。

売り上げが上がらない理由は単純で、これらのホームページの特徴は、適切な「SEO」をしてないからです。その会社にあったSEOを施策すれば、どんどん問い合わせが入ってくるのに、残念ながらそれが出来てないので、問い合わせも入らず売り上げも上がらない状況になりホームページを作っても意味がなかったというはめになってしまいます。

この状況を打破するのが「適切にキーワードでのSEO」です。売り上げの上がらないホームページの多くが「会社名」をホームページのタイトルにしていますが、それでは新規のお客様はホームページにやってきません。

なぜなら、会社名がタイトルになっているので、そのホームページは「会社名」で検索しないと検索結果に表示されないからです。これは、会社名を知っている人しかホームページの来れないことを意味します。

会社名を知ってもらうには、テレビなどのマスメディアを使って会社名を大々的に宣伝するか、会社名の入った名刺を配って会社名を知ってもらって、「会社名検索」してもらわなければなりません。

広告費用を捻出できる大企業ならともかく、たいはんの中小企業ではこのような、広告費をかけることは出来ないでしょう。

お客様が御社のサービスを利用するきっかけとなる検索ワードが何かを考えてみましょう。ただ、ブログの場合ですと単体で記事が構築されていくので会社名でタイトルを制作した場合、一記事、一記事タイトルをうまくSEOを使っていけば問題ないことになります。

キーワード5)Web自動販売機のような感覚で収入を得る

スクリーンショット 2013 10 17 1 20 00

うまく検索順位を上位に定着できればとても心強いです。ほったらかしとはいきませんが、24時間検索からくるユーザーになんらかのアクションが打てるからです。Web自動販売機と考えればわかりやすいと思いますが、お客様は、向こうから自然に来店してくれるので、このような言い回しが出来ると思います。