知識を売って利益を得るノウハウ!情報サイト型の広告の形態と仕組み

 

情報サイト

得意な分野のブログなどを書いて、集客し、広告で収益を得るモデルを解説します。「情報サイト型」と同じ仕組みということになりますが、どのような広告を掲載するとよいのかなど説明したいと思います。

 

情報サイト型で活用する広告の形態

 

情報サイト型のビジネスモデルで起業する方は、雑誌の編集長のように、自ら記事を執筆したり、素材をしつつ、運営していきます。情報系雑誌をイメージすると理解できますが、雑誌の売上だけでなく、広告の収益を得るビジネスモデルです。

 

情報系サイト型の場合は、無料で配布するフリーペーパーと同じく、広告から収益を得るビジネスモデルになります。

 

広告を掲載し、アクセスしたユーザーが広告をクリックしたり、商品やサービスの購買を至った場合に、報酬が発生が発生するのです。

 

前者の広告は、PPC広告といいます。そして、後者は成果報酬型広告といい、アフィリエイトと同じ報酬の仕組みになっています。

 

PPC広告は、「Pay Per Click(ペイパークリック)」の略です。要するに、クリックごとに報酬が発生するものです。一方の成果報酬型は、アフィリエイトと同じモデルの広告ですので、アクセスしてきたユーザーが広告をクリックして、商品やサービスの購入至って報酬を得ることができます。

 

前途しましたが、情報サイト型のビジネスモデルは、自ら開業コンセプトと関連する商品が、アフィリエイトやドロップシッピングであれば、ネットショップ型と併せて運営できます。本来の得意な分野の記事に加えて、関連するネットショップ系のページを作成したり、商品の特集記事を作成することで、収益を得るチャンスも拡大します。

 

これらのパターンも考えらながら、ビジネスモデルを構築し、Webサイトやブログを制作するとよいでしょう。

 

 

ネット広告掲載時知っておきたい広告の種類

 

情報サイト型だけで、広告を掲載する場合の広告は、PPC広告と成果報酬型広告です。PPC広告の場合は、コンテンツ連動型広告を掲載します。コンテンツ連動型広告は、Webサイトやブログの内容に応じて、広告が配信するシステムです。

 

例えば、法律に関する話題、特に刑法が得意な方が、ブログに刑法関連の話題をアップしていたとします。そこに、コンテンツ連動型広告を配信する申し込みをした場合、弁護士事務所などの広告が表示され、その広告をクリックすると報酬を得るという流れです。

 

広告を出稿する側は、自分の広告の内容と合致したWebやブログに広告が配信されるメリットがあります。そして、Webサイトやブログの運営者も、自らコンテンツに見合った広告が配信されるため、クリック率が上がり、収益が上がるため、WinWinの関係となる広告といえます。(グーグルアドセンスなどがそうです。)

 

ユーザーのネット上の履歴から広告が表示される行動ターゲティング広告も情報サイト型に適しています。行動ターゲティング広告の例を上げると、情報サイト型のWebサイトがブログにAmazonの行動ターゲット広告スペースを作成します。

 

アクセスユーザーは、そのユーザーごとにAmazonで閲覧した商品が表示され、この広告からAmazonへ移動して、そのユーザーが商品を購入すると、報酬を得ることができる仕組みです。

 

行動ターゲティング広告は、アクセスしてきた各ユーザーの検索した商品であるため、購買繋がりやすい広告です。しかし、ユーザーによっては、この広告を嫌い、表示されないように、設定している方もいますこの点は、覚えておきたいポイントです。行動ターゲティング広告は、Amazon以外にYahoo!や楽天などの広告でも活用する事ができます。

 

Webサイトやブログに広告スペースを作成して、その部分を販売する方法もあります。ある種、Yahoo!などの大手ポータルサイトと同じ手法ですが、広告スペースの販売営業は、広告マーケットプレイスの会社が代理店として手数料を得て、両者の中を取り持っている形態です。

 

一般的な広告代理店に広告スペースを埋めてもらう考え方と同じといえます。これらの広告を活用しながら、収益を上げていきます。もちろん、これらと併用しながら、ネットショップ型のページを作成して、物販、もしくはサービスのアフィリエイトで稼ぐ事も可能ですので、自分のコンセプトに合ったWebサイトやブログを作成し、上手に広告やアフィリエイトを活用しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください