ターゲットを設定し、ニーズを探れ!市場が求めていることをチェックする

 

ロングテール

開業コンセプトとビジネスモデルを検討した後、ターゲットの設定とニーズを探ります。得意分野があっても、顧客層のターゲット、そしてニーズが合っていなければ、稼ぐことはできません。これらの探り方を解説していきます。

 

市場が求めていることをチェックする

 

ターゲットとニーズの考え方とマーケティングの基本

 

少々大げさになってしまいますが、市場のターゲットとニーズを探るには、マーケティングが必須です。マーケティングは、「善良な営業活動を通じて、顧客に提供するサービス(製品)を満足してもらい、自らも利益を得るための手法」を探ることです。

 

起業や副業でも、顧客のニーズを理解し、顧客の喜ぶ商品やサービスを開発、もしくは仕入れて販売していきます。結果的に、販売する側で、そして購入者の両者がハッピーになるような「Win-Win の関係」を築くための仕組みと戦略を考えることがマーケティングなのです。

 

マーケティングの神様といわれているフィリップ・コトラー氏も「マーケティングとは、製品と価値を生み出して他社と交換することにより、個人や団体が必要なものや欲しいものやを手に入れるための社会上・経営上のプロセス」と定義しています。

 

起業・副業で考えると、Webサイトやブログで役に立つコンテンツで集客し、そして、ユーザーに合った商材やサービスなどを取りそろえる事が、マーケティングであり、そこからターゲットやニーズを探っていきます。

 

ママーケティング活動の一つに「顧客がほしがる、便利だと感じるものを探る」というものがあります。自分の好きなことは、得意分野であるので、ターゲット層の気持ちになり、さらに顧客のニーズを調査して結果を分析した上で、Webサイトやブログの構成、そしてコンテンツを考えて、仕入商品、サービスなどを選択していくのです。

 

もちろん、世の中の動向も見逃してはいけません。定番的な要素を持っている開業コンセプトでも、イベントや新たな商品やサービスなどが提供される可能性があります。このようなトレンドも見逃さずに、Webサイトやブログのコンテンツ、そして仕入れる商品やサービスに反映させていくのです。

 

世の中でいわれるヒット商品は、マーケティングに成功したからこそ生まれたともいえます。ここでは、製造業の話ではなく、起業、副業をwebサイトやブログでおこなうものですが、これらのサイトがヒットすると、自ずとアクセス数、収益もアップしていきます。

 

ヒットさせるには、マーケティングが欠かせません。マーケティング活動をおろそかにすると、せっかく知恵を振り絞って制作したWebサイトやブログでも、アクセス数は伸びません。その結果、何も販売できない、もしくはアクセスがなく、広告のクリック率が悪く、ビジネス展開がうまくいかないという危険度が増していきます。

 

「日本マーケティング協会」の定義では、マーケティングとは「企業およびほかの組織がグローバルな視野にたち、顧客と相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である」としています。マーケティングを実践しない、もしくは失敗すると、この定義の中にある「市場創造」に失敗したという事になるわけです。

 

ちなみに、日本マーケティング協会の定義にある「総合的活動」には、市場創造した製品に加え、どのような価格で販売して流通させるかということや、顧客に対するプロモーションなどの活動もマーケティングに含まれるとされています。

 

「パレートの法則」か「ロングテール」で市場対応を考える

 

マーケティングの基本的な概要は分かったと思いますが、市場やターゲットを考えるパターンのひとつとして、また商品の仕入で覚えておきたい法則と現象があります。それが、「パレートの法則」と「ロングテール現象」です。

 

商品の売上の8割は、全商品銘柄のうち2割で生み出しているというのが、「パレートの法則」です。開業コンセプトによっては、トレンドの最先端をいくような2割の人気商品やサービスを仕入て、販売するという手法が成立します。

 

一方、「ロングテール現象」で売れ筋でない商品、地味な商品が売上の8割を稼ぐという現象です。豊富な品揃えのAmazonをネット全体に置き換えて考えると、超マニアックなコンテンツと商材だけをそろえて、ネット上で一部のユーザーを相手に勝負する方法も可能です。

 

ネット上では、様々な情報があり、商品やサービスも多種多様です。ターゲットが存在し、ニーズがあれば収益を獲得できる可能性が広がっていのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください