マーケティングの基本的な実施手順

 

マーケティング

 

マーケティング活動の第一歩は、ターゲットを決定し、顧客のニーズを調査して分析することです。マーケティング活動を実施していくにあたって、様々な手法がありますが、基本的な分析手法や手順について解説していきましょう。

 

マーケティングの基本手順の流れは、「情報の収集と整理」→「情報の分析」→「情報の活用」→「販売促進」→「顧客満足」となります。下記が、マーケティング活動の概要となります。流れを把握して、ニーズを探ってみましょう。

 

1・情報の収集と整理

仕入商品やサービスだけでなく、サイトやブログのコンテンツもマーケティング結果を反映させることは重要です。この段階で顧客がどのようにコンテンツでアクセスしてきて、どのような商品やサービスを求めているのかを調べていきます。情報を収集していくことで、様々なアイデアが生まれることもあります。顧客が何を求めているのかという情報を収集し、整理をしていきます。

 

2・情報の分析

情報収集と整理した内容を元に、顧客がなぜそのようなコンテンツ、商品やサービスをほしがっているのか。ニーズの分析を実行します。同時に一部の顧客のみが欲しているのか、それとも大勢を占める顧客が欲している製品(サービス)なのかということも分析し、市場規模を明確にしていきます。ターゲットとなる顧客をイメージし、自分の持つ能力と対比しながら実行可能な製品(サービス)であるかも考察します。ここで、パレートの法則やロングテール現象を思いだしてみましょう。

 

3・情報の活用

情報を分析した結果を元に、顧客のニーズに対応したWebサイトやブログに集客します。斬新なアイデアなどがあれば、分析結果を参照しながら、可能であれば企画開発に盛り込んでみます。そして、仕入れする商品やサービスなども、想定するターゲットにニーズを合わせて準備してみます。

 

4・販売促進

検索エンジン最適化(SEO)やソーシャルメディアを活用しながら、Webサイトやブログに集客します。また、ネットショップ型で、実際に仕入て商品を販売する場合は、市場に適正な価格で多くの顧客に提供していきます。可能であれば、クーポンなどの発行やサンプル配布を実行し、商品やサービスの認知度を上げ、顧客を獲得していきます。

 

5・顧客満足

マーケティング分析が的確で、コンテンツ、商品やサービスの内容、そして価格が適正であれば、多くのユーザーのアクセスを集めることができます。その結果、ユーザーの広告クリック増加や商品やサービスの購買意欲が刺激されて、購入に繋がります。また、自ら仕入れるネットショップ型であり、購入後に顧客の期待を裏切らない製品(サービス)であれば、顧客の満足が満たされて口コミなどの評価が向上し、新たな潜在的顧客へと市場が開拓されていきます。

 

マーケティングの基本的な概要と流れを解説してきましたが、「2・情報の分析」には、競合分析という手法が加わります。情報収集には、競合分析も重要な要素となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください