「3C分析」と「SWOT分析」を活用する!マーケティング分析の基本3C分析を知ろう

 

「3C」とはいきなりなんだ?そう思うかもしれませんが、英単語の「消費者(Customer)」「競合会社(Competitor)」「自社(Company)」の3つの頭文字から、「3C」というものです。

 

3C分析は、各項目において、自らコンセプトと強豪相手の状況を的確にしていきます。各項目の分析の順番は、好みですが、ここでは消費者(Customre)から分析してみます。「消費者」では、開業コンセプトから、Webサイトのコンセプト、そして商品やサービスを購入しそうなユーザー層から潜在的な顧客を把握します。

 

これが、ターゲットの設定となり、商品やサービスのニーズ、おおよその潜在顧客数、顧客の世代、地域別の市場規模、さらに市場成長の見込み、掲載予定の商品やサービスの購買決定プロセスなど分析します。

 

次は、ライバルサイトの分析である「競合(Competitor)」です。Webサイトやブログのコンテンツ、商品やサービスなど、Customerを含めて、競合他社のWebサイトの現況を把握していきます。競合他社のビジネス戦略を分析し、いかにネット市場で優位にたてるかの戦略を練ります。

 

競合サイトの良い部分は取り入れ、悪い部分は自らのWebサイトで改善点として、ピックアップしておくとよいでしょう。いわば「他人の振り見て我が身を直せ」という感じでチェックをしていき、強みや弱みを洗い出していきます。

 

Competitorを分析していくと、自らの開業コンセプトの良し悪しが判断できてくるので、これらを元に「自社(Company)」分析をしていきます。コンテンツ、商材やサービス、そして自らの「ヒト・モノ・カネ・情報」などの経営資源から、自分の実力を分析します。

 

この分析によって、自らのポジションが理解でき、ビジネスプランを作成する際に役立ちます。また、自分のサイトのブランドイメージの向上、コンテンツ力、商品やサービスの強みと弱みなどを分析しつつ、マーケティング戦略策定のペースとして活用していきます。

 

3C分析を簡単に解説しましたが、分析時には、各項目にメモをしながら、分析していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください