3C分析後に活用するSWOT分析

 

SWOT分析は、3C分析よりもさらに広範囲の環境分析が行える手法です。SWOT分析の前に3C分析でピックアップした事項を内部環境と外部環境に分けておきます。「消費者(Customer)」「競合会社(Competitor)」が外部環境。そして、「自社(Company)」が内部環境になります。その後、これらの事項を落としこんで、SWOT分析となるのですが、まずは用語の意味から解説しましょう。

 

SWOT分析は、「強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」の頭文字です。これらの4つの要素から自ら取り巻く環境を分析し、マーケティング戦略を策定していくツールのひとつです。

 

「強み」「弱み」が内部環境です。そして、「機会」「脅威」が外部環境となります。内部環境は、自らの現況、そして改善していかなければならない能動的要因です。3C分析でかなりの部分は把握できていると思いますが、外部環境を分析中に再度見直す事も必要です。

 

外部環境は、受動的要因です。自分だけでは解決できない政治や経済状況、世間一般の出来事のようなおおきな事象、そして業界やそのジャンルにおいて発生する小さな事象です。前者のようなおおきな事象をマクロ環境要因(経済、テクノロジー、政治、法規制、社会、文化)そして後者のような小さな事象をミクロ環境要因(顧客、競合他社、流通業者、供給業者)と2つに分かれます。

 

SWOT分析は、3C分析をさらに発展させた分析手法であるといえます。内部環境である「強み(S)」「弱み(W)」の分析、外部環境である「機会(O)」「脅威(T)」の分析していきます。

 

3C分析での分析結果を各項目へ書き込み、またさらに内部環境の強味と弱味、そして外部環境のミクロ環境要因までチェックすれば、新たな発見があるかもしれません。この3C分析からSWOT分析へ流れをまとめていくと、ビジネスプランをたてやすくなり、Webサイトやブログの運営も、コンセプトワーク時よりも、さらに濃い内容となるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください