ブログは感情的に書くってどっからか聞いたので書いてみる

 

宝くじで6億当たったら、今やっているアフィリエイト続ける?って自分に問いかけてみた・・・答えは、「続けている」だった。それぐらい好きというよりは、頑張って作ったサイトで「成果が出る」過程が好きだからだ。なんだかんやで僕は「やってる感」がほしいんだと思った。がんばった「ご褒美」というやつだ。どうしたら、アクセスがふやせて、どうしたら「収入が増やせる」のかっていつも考えている。

 

そんな自分が好きなんだなぁ~って・・・サイトのテンプレートなんかもいつもこだわってもっとかっこいいサイトが作れないのかって考えてる。だが今は、IT能力が足りないのでこんな感じのサイトしか作れない。でも、今できるカッコイイサイトを作れるようにいつも考えてる。自分のサイトを観るのが好きで1日5回は必ず見てる。今は、7サイト管理しているがどれも納得いっていないが、自分のサイトが一番好きなのだ!

 

タイトルの「ブログは感情的に」書けば、アクセスを呼び込めるって誰かさんのツイートで見たんだが、今何も考えずに考えていることをダラダラ書いている。私は、今アフィリエイター1年目だが来月で2年目に突入する。そこで何が変わったか、去年を振り返かえってみると一番変わった言えるのがタイピングスピードだ!

 

ブラインドタッチは、まだできていないが右手の小指から左手の小指まですべての指を使ってスラスラタイピングができている。私は、いつもマックAirで記事を書いているが、マックのキーボードがとても好きで逆に会社のキーボードは、打ちづらくてイライラすることがある。

 

ただ、難点なのがマックだとウィンドウズ対応のソフトが多いことで、「マックはパーフェクトだ!」って心の底からはまだ言えない・・・アフィリエイターご用達の「シリウス」なんかもマック対応はしていない。マックで仮想ウィンドウズを使えば、なんてことはなく使えるが、ブートキャンプだのお名前.comのリモートデスクトップだのってごちゃごちゃ使う気にはならない。それなら、ヤフーオークションで安いノートPCを買って、そのまま「シリウス」をダウンロードした方が、個人的にはいいと思っている。

 

私の生活環境

 

さて話が変わるが、仕事以外はいつも記事を書こうと脳が指令を出すが、私には、子供が3人しかもチビが2人いるのでなかなか、集中して記事を書くことができない。だが、マックAirのおかげで、どこでも記事が書ける手軽さとまるで、スマートフォンを使うような感覚で、PCを立ち上げることができる。タブレットならもっと手軽に記事が書けるとは思うが、まだキーボードを使って記事を書いた方が好きなのだろう。

 

アフィリエイトで稼ぐには、何はともあれ「作業」だと思っているので、ネットサーフィンをやるぐらいなら記事を書いてアップすることがよっぽど自分の為になる。インプットはもちろん大事だが、それ以上に収入を上げたいのなら、「アウトプット」だ。これに尽きる、何を書いたらいいのかわからなければ、今の僕のように、落書きのように下書きのようにガンガン書いてみることだ。

 

 

会社の為?自分の為?

 

私は、サラリーマンだ。会社に利益をもたらすよう日々仕事をしている。当たり前だと思うだろうが、毎日仕事をしているとそれすら考えずに生きてしまってる。その報酬として毎月安定的に給料がもらえている仕組みだが、毎月確実にもらえる給料だからこそ忘れ去られてしまうこの感情。だが、副業としてアフィリエイトをしてみるとなぜか会社で働く感情と全く違う感情が沸き起こるのである。

 

不思議だ・・・今やっている副業は、もちろん自分の為、家族の為だが、会社勤めもふつうは自分の為、会社の為になるだろう。しかし、今の私には、どうも「会社の為」というよりも上記で書いたように会社勤めをして利益をもたらした「報酬」という考でしかない。入社した当時は、「会社に貢献するため」のほうが確かに強かった。これは、時代の流れなのかもしれない。終身雇用なんていう言葉は「死語」になりつつあるが、このまま定年までこの会社に勤めるなんていうことは、想像もできないしおそらく現実的ではないだろう・・・

 

そう考えると、会社の力を借りるよりは、自分の力で切り開くのが妥当だと自然に私の脳がそう語っているのかもしれない。そう、自然の流れなのだ!共感してくれるユーザーは果たしてどれくらいいるかわからないが、現時点での私の思考はこのような考えから来ているのである。

 

話がとても長くなり、私の今の心境を感情に任せて書いてきたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください